ピンクリンクルシュエットは、ミッドナイト寝る前に附けるだけで、スキンを若返らせるだけでなく、しみも消し去って得るビューティージェルだ。
肌甦生腕前の『リバースエイジング』にて、外観も細胞も確実に若返る、とされています。
京大が開発した『ナールスゲン』という原料がたるみを見直し、クロノラインがシワやスキンのハリ、クマを見直し、マトリキシル3000がほうれい線を改善する効果があると謳われています。
塗り付けるだけでここまでスキンが若返るのならこんなにも簡単で嬉しいことはありませんね。
京都大学発のベンチャーを通じて開発された『ナールスゲン』は、スキンの繊維芽細胞に直接的うったえる動向があり、スキンのハリやハリを生み出すコラーゲンを生成することを促します。
交替も活発になり、スキンの入れ替わりの度合が揃うため、ういういしいスキンを保つ効果が期待されています。
ただ幾らか気になるのが、配合されている原料をみても、『ナールスゲン』をはじめ、クロノラインもマトリキシル3000も明記されていません。
仮称などでこれらの原料が配合されているのかを調べてみたところ、『ナールスゲン』は申請商標で、本原料名は『カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル』であることがわかりました。
これは確かに配合されていますね。
クロノラインの本原料名は『カプロオイルテトラペプチド-3』であり、こちらも配合されています。
マトリキシル3000の露出名称は、『パルミトイルテトラペプチド-7』で、こちらも配合されていました。
細かく調べないと思い付かことでしたので、配合されているのであれば、必ず露出名称も登記しておいてほしかったですね。
配合されていないのではといった疑ってしまいます。
これらの代表的な原料には、確かに肌細胞を活性化させてくれたり、スキンの奥深くの基底膜の原料を繰り返す繋がりがあり、スキンの甦生に強力に働きかけてくれる効力があります。
過大な願望は駄目が、配合されている原料を見る限り、一定の効果は得られそうな気がします。